スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリンジャーバンド

BB1.png


ボリンジャーバンドは相場の反転や、保ち合い放れなどを、
判断するのに使う事の多いテクニカルだ!

偏差2が+2σ(シグマ)のバンドから-2σまでで95.5%が含まれます
偏差3が+3σ(シグマ)のバンドから-3σまでで99.7%が含まれます

おいちゃんの設定だ!
移動平均20・偏差2・偏差3 

上昇時は大体ミドル線から上バンド=+2σの間だけを
下降時は大体ミドル線から下バンド=-2σの間だけを
上下しながらトレンドを保っていきます

上昇時は、BBミドルバンドから上昇、BB上バンドタッチで横ばいか少し下落し、
BBミドルバンドタッチでまた上昇を繰りかえしながら上昇して行く

下降時はBBミドルバンドタッチで反転下降、BB下バンドタッチで横ばいか少し上昇し、
BBミドルバンドタッチでまた下降を繰りかえしながら下降して行く

上昇、下降時の切り返しポイントには、移動平均線や、
サポートライン、チャネルラインなども関係して来るので、
注意したい所だ!

ボリンジャーバンドの形状はトレンドに合わせて拡大しては、収縮する
(レンジ相場の様な場合、一定の幅でしばらく推移する事も有るが・・・)

この拡大時には相場は大きなトレンドを形成している事が多いと判断出来る
この収縮時には相場はボックス圏で推移している事が多いと判断出来る

また、この収縮時に出来るBBのクビレが、
トレンドの転換ポイントとしての、判断ポイントにする事も多くある

注意

ボリンジャーバンドも他のテクニカル同様に、
単体だけで判断するのは危険な為、違うテクニカルと絡めて判断した方が良いぞ!
スポンサーサイト

テーマ : FXデイトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

ストキャスティクス

sto1


ストキャスティクスは価格の変化率から、
買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する分析ツールだ!

%K(Kライン)・・過去5日間の終値のうち、直近の終値が相対的にどの水準に有るか表している
%D(Dライン)・・過去3日間の終値のうち、直近の終値が相対的にどの水準に有るか表している

遅く動く線・・%K(赤のライン)
早く動く線・・%D(青のライン)

判断基準
%Dが80%以上で%Kを上から下にクロス・・売りのタイミング
%Dが20%以下で%Kを下から上にクロス・・買いのタイミング

但し、強いトレンド状態の時、%Dが80%以上・20%以下になり、上又は下に張り付く様な感じで、
分析ツールとして、役にたたなくなる事があるので注意だ!

注意
MACD・ADXDMI(オシレーター?)・ストキャスティクスなどのオシレーター系は
単体では騙しに合いやすいので、せめてこの3種類位は組み合わせて判断した方が良いと思うぞ!
(各自で使いやすいテクニカルの組み合わせを研究した方がベストだな)

テーマ : FXデイトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

ADXDMI

adxdmi1.png


ADXDMIはトレンド強度を見る事が出来る分析ツールだ!

+DI・・買い勢力
-DI・・売り勢力

上昇トレンド中にADX(イエロー)が上昇中=トレンド形成中、
押し目買いでポジ!ADX上昇中(5分足)に「売り」は禁物。
(売りトレンドはその逆になる。)

+DI(ピンク)と-DI(ブルー)の差が大きくなるほど、
値動きが大きく、トレンドが強くなっているサインだ!

+DIが横ばいでADXが上向きでトレンド形成中は、
RSIやストキャスティクスが横ばいでも、上昇していく。
逆に言えば、-DIだけ下降しているサインだ!

ADX黄色が上昇 & 水色-DIが上昇 二つそろって上昇が下降トレンド
ADX黄色が上昇 & ピンク色+DIが上昇 二つそろって上昇が上昇トレンド


参考(おいちゃんの設定だぞ!)
5分足でのプロパティはDMIPeriodが25、Smoothが5
1分足でのプロパティはDMIPeriodが10、Smoothが5

注意
MACD・ADXDMI(オシレーター?)・ストキャスティクスなどのオシレーター系は
単体では騙しに合いやすいので、せめてこの3種類位は組み合わせて判断した方が良いと思うぞ!
(各自で使いやすいテクニカルの組み合わせを研究した方がベストだな

テーマ : FXデイトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

MACD

macd1.png


MACDは価格変動により形成される値動きを分析するツールだ!

2本の移動平均線のクロスや乖離、方向性によって売買のポイントが判断出来るぞ!

移動平均線の種類(ラインの色は各自で変更可)
早く動く線(MACD)・・赤のライン
遅く動く線(シグナル)・・白のライン

クロスによる判断
シグナル(白のライン)をMACD(赤のライン)が、
下から上に抜けた時(ゴールデンクロス)・・買いのサイン
上から下に抜けた時(デッドクロス)・・・・売りのサイン

0ラインより上に線があれば、ローソクは上昇トレンド中、
0ラインよりも下に線があれば、ローソクは下降トレンド中

MACDクロスは角度が急で0ラインより上方でデッドクロスした時、
売りのサイン信頼度が高い。

デッドクロスするにも急角度45度位でクロスすれば強サイン。
水平にクロスするのは弱サイン。

注意
MACD・ADXDMI(オシレーター?)・ストキャスティクスなどのオシレーター系は
単体では騙しに合いやすいので、せめてこの3種類位は組み合わせて判断した方が良いと思うぞ!
(各自で使いやすいテクニカルの組み合わせを研究した方がベストだな!)

テーマ : FXデイトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

移動平均線

移動平均線
移動平均線には短期・中期・長期など、
それぞれ基本となる数値を設定する

日足チャートの5日線=5日分の平均線
5分足チャートの5日線=25分分の平均線
(要するに5日線=ロウソク足5本分の平均線)

(人によって使いやすい数値があると思うので各自で決めて欲しい)

おいちゃんの設定は、5日線・14日線・75日線を使っている

トレンドの判断

●移動平均線とローソクを組み合わせてトレンドを判断

移動平均線の上にロウソクがある時は上昇トレンドの場合が多い
移動平均線の下にロウソクがある時は下降トレンドの場合が多い

●移動平均線とロウソクの乖離での判断

移動平均線とロウソクの乖離が大きい時は移動平均線に向かって戻りたい動きが強くなる為
ロウソクの動きは一旦、戻す可能性が高いと判断できる

●移動平均線のクロスでトレンドの転換

短期移動平均線が中期・長期移動平均線を下から突き抜けた時(ゴールデンクロス)
下降トレンドから上昇トレンドに転換したと判断

短期移動平均線が中期・長期移動平均線を上から突き抜けた時(デッドクロス)
上昇トレンドから下降トレンドに転換したと判断

※ゴールデンクロス・デッドクロスは強力な売買のサインで有るが、
短期の売買では騙しのサインが多いので注意!

●移動平均線の売買サイン

移動平均線2

この4種類位は覚えておきたい


おいちゃんの勘違いやもっと分かりやすい説明があったら
フォローして欲しいな!

テーマ : FXデイトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

ojichans

Author:ojichans
名前  おいちゃん
年齢  38歳
住まい 埼玉県在住

FXはまだまだ初心者だが、
なんとか挑戦中!

ジョージア?
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
FX売り買い自動指摘ツール
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FX業者
おいちゃんが登録している業者だぞ
------------------------ 取引通貨 1万通貨単位    ------------------------ クリック証券のIアプリはリアルタイムチャートで見やすいぞーー ------------------------ 取引通貨 1千通貨単位     ------------------------
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。